プロフィール

三浦 匠

Author:三浦 匠
24歳 男
管理栄養士として務める傍ら、独立起業の準備を進めております。
皆さんの読みたくなるブログを目指します!
書いて欲しいことがあれば、連絡下さいね^_^
何でも書きます(^O^)/
リンクフリーですが、一言声掛けてくれるとありがたいです。
コメント・ブロ友申請歓迎してます!!
宜しくお願いしますm(_ _)m


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


レビューブログ

ブログで口コミプロモーション!
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

チョットしたお小遣いサイト

簡単無料登録!すぐに貯まるよ!
WAK2MAIL
ネットでお小遣いを稼いじゃおう!

メール受信でポイントゲット

簡単にポイントが貯まる

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:人生観
こんばんは、匠です(^^)

私はお酒が好きな方で、中でもウイスキーを20歳から好んで飲んでいました。
そんな私が、最近は芋焼酎お湯割にハマっています!
寒いからでしょうか?温かいお酒を口に含んだ時の、芋の香りがたまりません。
老けたかな?と少し考えてしまいますw

さて今回は、人との出会いについて書きたいと思います。

皆さんは、人との出会いを、唯の偶然だと思いますか?
それとも、一つひとつの出会いに、意味を感じていますか?
出会いたい人に出会える人間っているんでしょうか?
仮にいるならば、どうしたら出会いたい人に出会える人になれるんでしょうか?

まず、出会いは偶然か必然かという話からしていきます。

「類は友を呼ぶ」というコトワザを知っていますか?

気の合った者や似通った者は、自然に寄り集まるという意味です。

運の悪い人は、運の悪い人と繋がり合っていきます。ヤクザのもとにはヤクザが集まり、偏屈な人は偏屈な人と親しんでいきます。

心根の清らかな人は心根の清らかな人と、山師は山師と出会い、そして繋がり合っていきます。

一見すると、当然といえば当然ですね。

しかし、これらの出会いは、実に不思議なことだと思います。

まだ、私が「実に不思議」と表現した事に対して、当たり前でしょ?と思われている読者の方が多い気がします。

では、実に不思議と表現した意味を、例を用いて説明します。

読まれている皆さんは、この「人生を考える」ブログを読まれています。

人生観を綴ったブログは、私の知る限り少なくはありません。

その数多くある人生観を綴ったブログの中から、こうして私のブログを皆さんは読んでいます。

この事って、凄くないですか??

人との出会いにも、同じことが言えます。

私は管理栄養士という職業で働いていますので、友人にも管理栄養士は多いです。

ブログを始めてからは少しずつですが、同じくブログを作っている方との繋がりができ始めました。

ここで、共通していえる事が一つあります。

私と繋がりを持った人は、数多くいる繋がりを持てる人達の中から、私を選択してくれたという事です!!

私は、「類は友を呼ぶ」というコトワザが含んでいる意味より、もっと奥深い何かが、人と人との出会いをつくりだしているとしか思えません。

品の悪い、いやらしい男のもとに、人の良さそうな美しい女が嫁いだのだろうと、首をかしげたくなるような夫婦がいます。

しかし、そんなカップルをじっくり観察していると、やがて、なるほどと気付く時が来ます。

彼と彼女は、目に見えぬその人間としての基底部に、同じものを有しているんです。

同じものとは、性癖であったり、仏教的な言葉だと、宿命とか宿業であったりすると私は思います。

これは、事業家や芸能人、スポーツ選手にもいえます。

伸びて行く人は、たとえどんなに仲が良くても、知らず知らずのうちに落ちて行く人と疎遠になり、いつの間にか、自分と同じ伸びて行く人と交わっていきます。

不思議としか言いようがありませんね。

狙って、計画してそうなるのではなく、知らぬ間に、そのようになってしまうという現状があります。

抗っても抗っても、自分という人間の核を成すものを共有している人間としか結びついていきません。

その恐さ、その不思議さ、その力強さ。

以上のことから、「出会い」とは決して偶然ではなく、必然だと思っています。

そうでなければどうして、「出会い」がひとりの人間の転機になるでしょうか?

このことが嘘だと思う人は、自分という人間を徹底的に分析して、自分の友人を徹底的に分析してみるといいと思います。
相手に不快感を与えない範囲で分析して下さいねw

分析してみると、「出会い」は決して偶然ではなかったことに気付くことでしょう。

こういった話が好きな人には、こちらの本をお勧めします。
結構、面白いですのでどうぞ\(^o^)/

新装版 命の器 (講談社文庫)

新品価格
¥460から
(2013/2/17 23:36時点)



最後まで読んでいただいてありがとうございますm(_ _)m

今回は、人との出会いについて書いてみました。
ちょっと、オカルトチックでしたかねw

次回は、何を書こうかなー
今日のブログは、書くことで自己満しちゃいましたw

ん〜次回のお楽しみで!
それでは、貴重な時間をありがとうございました。
失礼します!
スポンサーサイト
コメント

必然に感謝☆

私と匠さんもご縁があってブロ友になりましたが、きっと似ている点がどこかあるのでしょうね^^
せっかくの巡り合いを点で終わらないよう、線として長くお付き合いできたらいいなって今は思います!
共にブログ頑張っていきましょうね♪

毎回の暖かいコメントありがとうございますm(_ _)m

私も、同感ですo(^▽^)o

ポイント集めも少し初めてみましたよw

またのコメントも、よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 みんなの為のブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。